喧嘩別れをしても大丈夫!こうすれば復縁できるきっかけは意外に簡単

 

あー・・・やっちゃったと後悔してもあとにたたず。喧嘩の末に彼と別れることになってしまって落ち込んでいますか?

 

気を使うこともなく、彼の存在が空気のようならつい、言ってはいけないことも言ってしまいがちです。

 

それが彼の琴線に悪く反応してしまうと、いつの間にか大喧嘩になって別れてしまったってことは案外よくあることです。

 

「もう取返しがつかないことをしてしまった」

 

もう修復不可能とあきらめてはいませんか?いえいえ、大丈夫です。復縁するきっかけをうまく作ればいいんです。

 

では、具体的にはどうすればいいのでしょうか?順番にお話ししていきましょう。

 

 

彼との連絡をとるきっかけをつくる

 

少し冷却期間を置いてから彼と連絡をとる手段を考えましょう。

 

手軽なのはラインやメールですよね。でも自分の口から連絡を取りたいなら電話するのが一番です。

 

 

自分が悪かったら素直に謝る

 

あなたに非があるのなら、素直に「ごめんなさい」と謝りましょう。それが一番大切なポイントです。

 

「負い目を作るようで嫌だなぁ」そんなこと言っている場合ではありません。

 

今、しなければいけないのは彼との復縁ですよね?見栄を張っているどころじゃないですよ。

 

 

素直に気持ちを率直に伝える

 

そして率直にまたお付き合いしたいと伝えたいところですよね。

 

でも、すぐには無理かな?と感じいるのなら、まず友達には戻れないか?と聞いてみましょう。

 

ついでに、好きでいたら迷惑ですか?と聞くと好印象かもしれません。なぜなら彼の気持ちを第一に考えていることが伝わるからです。

 

 

少しずつ連絡をとる回数をふやしていく

 

ここまでくれば、後はとにかく相手側の気持ちになって考えた行動をとるといいですね。

 

たとえば、彼の帰宅時間がある程度わかっているなら、そのタイミングで「お疲れさま」メールをしたり、朝は「仕事大変だろうけど頑張ってね」みたいな感じです。

 

そんなメールやラインを始めは1日1通から、そして2通と増やしていきます。

 

ポイントはおつきあいしていた時よりもメールの頻度は少ない方がベターです。

 

 

別れた直後は。すぐに連絡をとるのはNGです。またメールも軽い感じにするのが鉄則です。決して重い事は言わないようにしてくださいね。

 

冷却期間は人それぞれ違うってきますので、専門家の先生にまず相談しましょう。

 

あまり連絡しないと逆効果な時もありますよ。

 

難しいかもしれませんが、一度別れを受け入れて肝をすえてください。そして友達の時のような接し方をするようにしましょう。