罵りあうほどの大喧嘩をした場合、復縁可能となる冷却期間はどのくらい?

 

大喧嘩して、激しく罵り合ってしまうことがあります。

 

そして、「一生会いたくない!」「別れてせいせいした」とその時は思っていたのに、冷静になってから彼の存在の大切さに気付くことってよくあることです。

 

その後、友達を通して、彼があなたのことを大切に思っていたことなどを後から聞いたらなおさらですよね。

 

その時は、大嫌いになったはずなのにそんな風に思ってくれていた彼のことを聞いたら考え直しちゃいますよね。

 

愛しているから暴言を吐いてしまう、その逆に空いていないから暴言を吐けることもあります。

 

これは、人は常に無意識に自分と何かを天秤にかけてるからで、自分の感情を守ろうとするんですよ。

 

では、こんな別れ方をしてしまった場合、彼と復縁するにはどのくらいの期間がかかるのでしょうか?

 

これは、あなたと彼がどのくらいお付き合いしていて、どんな関係を築けているかによってきます。

 

 

彼が話し合いに応じてくれるような場合

 

あなたの方が一方的に悪くて、メールやLINEを送ったら話し合いに応じてくれると言ってくれるなら復縁に期待しても大丈夫でしょう。彼もあなたとの復縁を望んでいるに違いありません。

 

話し合いしたいと切り出してもしてくれない場合

 

 

あなたが話し合いの提案をしても、彼が応じてくれない場合は違ってきます。恐らくあなたのことを今は許すことができない状態です。

 

男性は、自分が悪いと思っていてもプライドが高い人が多いようです。だからなかなか自分から謝らないし、基本的に自分の心が落ち着くまでは連絡はしてこない生き物です。

 

とくに罵り合うような喧嘩をしてしまっているわけですからなおさらです。彼は話し合いに応じたらバツが悪いとも思っているかもしれません。

 

好き嫌いは別問題で考えて、小さな喧嘩をした時にいつもあなたから謝っていますか?

 

それなら、彼は暗黙の了解であなたから謝ってくるのを待っている可能性がありますが、すぐに復縁したいと告げても「なんだ、コイツ?軽いやつだな」と思われてしまうかもしれません。

 

本当は、そっとしておくのが賢明なのですが、あなたから折れるというのなら、最低一週間は冷却期間を置くべきです。

 

そしてあなたにもこんな喧嘩になってしまったということは悪いところもあります。これを機会にに自分のことを俯瞰してみましょう。

 

そんなことめったにないことですよ。そんな時間ができたことにも彼に感謝しつつ、じっと待ってくださいね。

 

そして、彼と話し合えるきっかけを少しずつ作っていきましょう。

 

いずれにしても、忘れてはいけないのは彼と復縁しても必ずじっくりと話し合うことです。なんで別れることになったのか、お互いに考えてみましょう。